はじめてNLPを学ぶあなたへ
「自由が全てであり、愛が残り全てである」

NLP創始者リチャード・バンドラー博士

「自由な自分とまわりを育むNLP」

日本コミュニケーショントレーナー協会

「全てが未熟。残りがあるとすればゆるし」

日本NLPアカデミー


1.NLPとは?

NLPとは、
Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略称です。

NLPは、1970年代のアメリカで、
カリフォルニア大学サンタクルーズ校 言語学部の
助教授であり言語学者のジョン・グリンダー博士。

そして、当時、学生であり、後にアメリカの近代心理学療法士の一人として活躍するリチャード・バンドラー氏によって提唱されたコミュニケーション心理学です。
NLPは、コミュニケーション・自己開発・心理療法に役立つ新しい学問です。

成功者をモデリング(真似)して生まれたNLP。
だから、モデリングで成功できる。

グリンダー博士とバンドラー氏は、当時、催眠療法や心理学の世界で天才といわれた3人のセラピストのスキルを研究し、クライアントが影響される言語パターンを体系化しました。

そして、彼らの卓越したスキルを再現するのが、NLPのベースとなる「モデリング」というスキルです。

※モデリングとは、真似することです。
  成功者の卓越性を真似し、同じように再現するテクニックです。

モデリングを習得することで、誰もが成功者たちの卓越したスキルを簡単に手に入れることができます。

あなたの求める成功者たちの卓越性は、
マネジメント、医療、教育、癒し、
自己実現、自己表現、自己開発、
子育て、他人関係、セルフコントロールなど、
どの分野でも構わないのです。

NLPのモデリングを使えば、あなたが望む結果を手に入れることができます。

あなたが望む人生の成功者がいるとすれば、その卓越性をモデリングして習得すればいいのです。
結果に違いをもたらす卓越性を手に入れたとき、私たちはどれだけ豊かな人生を過ごすことができるでしょう。

同じ苦労をするなら、素晴らしい結果に繋がる時間の使い方をしませんか?

2.NLPとは?:天才といわれた3人のセラピストから生まれた

ヴァージニア・サティア女史 (1916年 – 1988年)
家族療法の創始者の1人であり、後に『家族療法の母』と称されました。

フレデリック・パールズ氏(1893年 – 1970年)。
精神科医であり、ゲシュタルト療法の創始者。

ミルトン・エリクソン氏(1901年 – 1980年)。
精神科医で20世紀最高の催眠療法家と言われています。

グリンダー博士とバンドラー氏は、
3人のセラピストが持つ共通性に気づきました。

サティア女史とパールズ氏は、
クライアントに同じパターンでアプローチしていました。

彼らのアプローチ法とは、
クライアントの主体的な体験を探るアプローチが特徴でした。

一方、エリクソン氏は、
2人とは、全く逆のプロセスをしていました。
クライアントの視野を広げてから、
起きた出来事の意味を広げ、明確にしたのです。

3人のアプローチは、スタートが違うだけでした。
起きた出来事からアプローチするのか?
起きた出来事の意味を広げるのか?

3人のアプローチは、プロセスに違いはあれど、クライアントに施していたことは同じだったのです。

この様な卓越したアプローチ法や言語パターンからNLPは生まれました。

3.NLPとは?:最強のコミュニケーションスキル

今、NLPは
コミュニケーション、
子育て、コーチング、コンサルティング、カウンセリング、癒し
マネジメント、人材開発、ビジネス、営業、
医療、教育、福祉、IT技術者、
自己実現、自己開発、自己表現
様々な分野で注目されるようになりました。

天才的な3人のセラピストの
「言葉づかい」、
「行動パターン」、
「無意識の扱い方」を観察、研究し、
さらに言語学・心理学などを取り入れたのがNLPです。

誰にでもすばやく、
簡単にでき、
しかも実践的な心理学として『NLP』が誕生しました。

NLPが最強のコミュニケーションスキルといわれる由縁です。

4.NLPとは?:日本に伝わったNLPの歴史

日本に初めてNLPが伝わったのは、
1980年頃のことです。

当時、NLPを習得した先人に、
「なぜ当時、日本でNLPを教えなかったのですか?」
と素朴な質問をしたことがあります。

すると、
「当時の日本はHaving(物質的な所有)を求めた時代でした。
それから、
余暇をどう過ごすかというDoing(行動)を問われた時代を経て、
Being(生き方・在り方)の時代へと進化した。

そして、これからはBeingを問うだけではなく、
『深化』というキーワードが大切な時代になるでしょう。
もし、あの当時に私がNLPを教えても…」

今でこそ、NLPは、様々な分野で注目される
コミュニケーションスキルですが、
1980年代という時代は、
心理学や心理療法というと宗教と勘違いされてしまう時代でした。

そんな時代にNLPを普及させることは困難だったのかもしれません。

4.NLPとは?:20世紀最高の催眠療法家からの奥義

NLP構築モデルの一人である、前出のミルトン・エリクソン氏は、
現在の心理学全体に多大な影響を与えた、
20世紀最高の催眠療法家と言われる精神科医です。

エリクソン氏は、
心理臨床に関してこのように解説しています。
「ただ必要なのは患者の
努力の方向づけを変えることであり、
患者の行動を強制することではない。

患者を教育するのは、
ばかばかしい努力であることが多い。
家族、組織内、プライベート。
私たちはシンプルな方法で、
自然に豊かさに満ちた周りをつくれる」

また、エリクソン氏の愛弟子であるビル・オハンロン氏は、
心理療法の評論『コンテクストを変えること』で、
「本書の中心課題の一つは、
心理療法は何も変えられないというところである・・・」

と述べています。

それは、どんなに「成功した」心理療法でさえも、
何も(事実を)変化させていないし、
(原則として)何も変化させ得ないし、
何も(成功した結果として)変える必要はないという意味です。

30年前に日本でNLPを学んだ先人も、
同じことを教えてくれました。

人を変化させるには、
何も変える必要はありません。
相手が望む方向性を見つけるだけでいいのです。

NLPは不思議です。
NLPを身につけることで、
何も変えないのに、変わることができるのです。
それが、NLPの奥深い魅力なのです。

5.NLPとは?:『自己実現』『自己表現』『自己開発』の道具

NLPは、
家族と仕事などの様々な場面において豊かな成果へと導きます。

故に、
NLPは、教育、医療、スポーツ、福祉、マネジメント、営業、
コーチング、カウンセリング、セラピー。
これから益々成長するメンタリングなど、

様々な分野で卓越した成果が達成できるスキルとして注目されているのです。

また、最近、大学生や主婦の受講が目立ちます。
彼らの参加理由には、
『自己実現』『自己表現』『自己開発』というキーワードが多く見受けられます。

さらに目的を探ってみると、
「もっと、まわりの役に立てると思う」
「今に満足ができない、もっと出来ることがあるはず」
「自分を変えたい、そして、まわりにも変わってもらいたい」
など、人生に肯定的な機会を求め、
それを実現させるためにNLPを求めています。

このように自分の可能性を追って受講される方が増えました。
それは、本当に良いことです。
なぜならば、NLPはそれらを実現させるからです。

6.NLPとは?:生きる土台になる学問です

コミュニケーションの力は、
人としての土台。

コミュニケーションの力が、
人生の豊かさに違いを作ります。
NLPはコミュニケーションの力で、
思い通りの人生をつくるお手伝いをするのです。

それが、NLPはシンプルなのに、
様々な分野の人々を惹きつけている秘密です。

  • メール・お電話でのお問い合わせ・無料相談
  • NLPを体験したい!NLP入門コース
  • はじめての方へ!創始者の認定資格NLPプラクティショナーコース
ページの先頭へ
受付時間:平日(祝除)9:30~12:00 13:00~17:30